展示モデルコース

八幡商業高等学校 八幡商業高等学校

八幡商業高等学校

1905(明治38)年、ヴォーリズが日本にやってきて英語教師として着任したのが滋賀県立商業学校、現在の県立八幡商業高校、通称「八商」です。しかし2年後には、ヴォーリズのキリスト教布教活動が非難を浴び、解雇されることになりました。それから28年後の1935(昭和10)年、ヴォーリズは新校舎の設計依頼を八商から受けることになり、八商を町の誇りとする近江八幡の町とキリスト者ヴォーリズとの和解が成立しました。

戻る