展示モデルコース

市立資料館

市立資料館

1886(明治19)年に八幡警察署として建設され、1953年に大幅に改築されて近江八幡警察署として使われ、1974年に市立資料館として開館しました。独特の様式によりヴォーリズの手によるものではないかと言われていましたがはっきりとは分かっていませんでした。しかし、後の調査によりヴォーリズが改築を担当したことが分かりました。調べによると2階に集会室が新設されたほか、東側だけだった煙突を西側にも取り付け、左右対称に変更しました。またドアノブにクリスタルガラスを用いるなど、随所に意匠を凝らしたヴォーリズ建築の特徴がうかがえます。

 

戻る