展示モデルコース

旧伴家住宅(市立資料館主催:一柳満喜子展

旧伴家住宅(市立資料館主催:一柳満喜子展)

【市指定文化財】

 

7代目伴庄右衛門能尹が伴庄右衛門家本家として、1827(文政10)年より1840(天保11)年の十数年をかけて建築したものです。明治時代になって小学校・役場・女学校と色々な用途に使われましたが、戦後は近江兄弟社図書館として使用され、後に近江八幡市立図書館となりました。移転に伴い平成9年にその役目を終了しました。その後の整備事業を経て、2004(平成16)年4月より市立資料館の一部として開館しました。

 

戻る