展示モデルコース

八幡堀

<重要伝統的建造物群保存地区>

八幡掘は、安土・桃山時代に豊臣秀次の八幡城居城のもと、城下町が栄える原因となった町の一大動脈です。また、琵琶湖と繋がっており、近江商人の商売にも貢献しました。 現在も堀に沿って、白壁の土蔵や旧家が立ち並んでおり、近江八幡市の代表的な景観の一つとなっています。

 

戻る