展示モデルコース

新町通

新町通

<重要伝統的建造物群保存地区>
江戸時代末期から明治にかけて建築された商家が並んだ古い町並みが良く保存されています。八幡商人は、近江商人の中でも最も早い時期に活動し、海外進出を果たしたのもこの地の出身者でした。江戸出店も最も早く果たしました。新町通りには、近江商人の住居がまとまってよく残っており、景観だけではなく、史跡としても重要なものです。現在、新町通りの町並みは、近江八幡市を代表する景観の一つとなっており、観光客の写真撮影が絶えません。

 

戻る